模擬問題の公開

公認心理師練習問題




昨年、当サイトにて学習グループメンバーを募集し、100人弱のメンバーが1人5問の負担で模擬問題を作成しました。
模擬問題は現任者講習会テキストのチェックリストに基づいています。

今回、私の判断でその模擬問題を公開することにしました(グループ参加の際には、著作権が当サイトに譲渡される旨をお伝えし了承をいただいています)。

私含め、素人が作ったものなので、大手予備校が作成したものや参考書などに掲載されている問題に比べると、出題の仕方、選択肢の内容などなど、決して質の高いものではないかもしれません。

それでも、これだけは言えます。昨年の学習グループメンバーが努力し、力を合わせて作成したものです!
その点をご理解いただき、ご活用いただければ幸いです。

使い方はあなた次第!

無料でダウンロードしていただけます。

※問題、選択肢などに不備がある可能性もあります。各自の自己責任においてご利用ください。 

模擬問題一覧

ちなみに、、、試験対策は「公認心理師 要点ブック+一問一答」で♪
こちらの執筆者のほとんどは学習グループのメンバーで第1回公認心理師試験を一緒に乗り越えた大切な仲間です。
よろしけれ是非ご購入を!もうすぐ発売です!好評販売中です!!

Amazon「臨床心理士の資格・検定」カテゴリーにてランキング1位が続いております(5月19日現在)。

 



 



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、gumixと申します。
更新1回経験あり(もうすぐ2回目)の臨床心理士で、第1回公認心理師国家試験を受験予定です。
公認心理師受験予定の人たちと交流、情報共有できる場所を作りたいと思いブログを始めました!
なお、私もまだ公認心理師ではありませんので、現在みなさんに何かを教えられる立場にはありません。しばしば、「対策講座はしていないのですか?」という問い合わせを受けますが、その予定はありません。
ただ、色々と企画をしたり、コーディネートするのは好きなので、勉強会や交流などは積極的にやっていけたらと思っています^^
【私の経歴】
2003年大学入学(地方私立大)、2007年卒業→2007年修士課程入学(同上、臨床心理士指定校)、2009年修了→その後3年間、大学で助手として勤務→3年目の2011年に博士課程入学(地方国立、医学系)。在学中は学振特別研究員に採用される。フィールドは、主に神経内科、精神科領域。→博士課程修了後の2015年から1年半、大学でプロジェクト雇用の研究員として勤務。
その後、今の大学に採用され現在に至ります。臨床やったり研究しています。