ひとまず…




9月に入り、台風21号、そして北海道胆振東部地震と災害が続いております。

当サイトをご覧いただいている方の中にも被災され、今回の試験を断念された方、また北海道にお住まいで延期になった方がいらっしゃることと思います。

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

今もなお大変な状況にいらっしゃる方や今後の試験の見通しが分からず戸惑っていらっしゃる方、延期によって試験のモチベーションが少し下がってしまった方もいらっしゃるかもしれません。

問題用紙は持ち帰りでしたので、試験問題は異なると思われます。
ですので、色々と書いても特に問題ないのかもしれません。
「公平性」の話をされる方もいますが、そもそも被災したという状況からして既に公平じゃないわけですし…。
追試になった時点で試験の傾向などが伝わる事も織り込み済みでしょう。

ただ、試験の内容や振り返りについてはもう少ししてからまとめたいと思います。
もう少し落ち着くまで…

とはいえ、一区切りなので簡単に(^^)

昨日受験された皆さま、お疲れ様でした!
そして、大変お世話になりました!

特に、ツイッターで日頃より情報をアップしてくださったり、仲良くして下さった皆さま。

本当に感謝感謝です★

試験は、第1回目ということもあり、読めないことが多かったですね。
個人的には、ちょっと想像と違いました…(T . T)
基礎的な知識が結構問われたなと。。

このまま合格発表を迎えるも良し、気になる方は自己採点をするも良し。
それぞれが落ち着く方法で発表の日をお迎え下さい★

自己採点される方は、コムニタス(辰已法律研究所)による「公認心理師試験 Web 解答再現」がおすすめです!

解答再現の協力者が、1,000名、3,000名、5,000名になるごとに最新の肢別解答率表が掲載されます(その他特典あり)。

解答が割れてたりもするので、最終的な結果は11/30にならないと分かりませんが…(T . T)

ひとまず、合格基準は「6割程度以上」とされています。

6割程度ってどれくらい?と思い、他の国家試験を参考に調べてみました。

社会福祉士の合格基準は「60%程度」とされており、過去5年の合格基準は以下の通りです。

平成30年:66%(99/150)
平成29年:57%(86/150)
平成28年:59%(88/150)
平成27年:59%(88/150)
平成26年:56% (84/150)

公認心理師の場合は「60%程度以上」なので上は分かりませんが、
60%程度とは下は55%位までは範囲内の模様です。

ただし!!「6割程度以上」なので、7割…あるいは8割、、もちろん9割の可能性もあります…。

受験者数や最終的な平均点などで合格ラインが決まりそうです。
どうなることやら…

11月が早く来て欲しいよな、来ないで欲しいような、、そんな気分です(T . T)

現時点で速報の公開や解答を募集しているところは以下の通りです。

・京都コムニタス(辰已法律研究所)
https://sinri-store.com/sinri-saigen/

・こころJOB(メディカ出版)
https://cocoro-job.jp/exam/443/

・和光大学研究室
http://blog.livedoor.jp/kosakayasumasa/archives/54118730.html

+・100人力



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、gumixと申します。
更新1回経験あり(もうすぐ2回目)の臨床心理士で、第1回公認心理師国家試験を受験予定です。
公認心理師受験予定の人たちと交流、情報共有できる場所を作りたいと思いブログを始めました!
なお、私もまだ公認心理師ではありませんので、現在みなさんに何かを教えられる立場にはありません。しばしば、「対策講座はしていないのですか?」という問い合わせを受けますが、その予定はありません。
ただ、色々と企画をしたり、コーディネートするのは好きなので、勉強会や交流などは積極的にやっていけたらと思っています^^
【私の経歴】
2003年大学入学(地方私立大)、2007年卒業→2007年修士課程入学(同上、臨床心理士指定校)、2009年修了→その後3年間、大学で助手として勤務→3年目の2011年に博士課程入学(地方国立、医学系)。在学中は学振特別研究員に採用される。フィールドは、主に神経内科、精神科領域。→博士課程修了後の2015年から1年半、大学でプロジェクト雇用の研究員として勤務。
その後、今の大学に採用され現在に至ります。臨床やったり研究しています。