公認心理師国家試験対策クイズ3(人体の構造と機能及び疾病:精神保健福祉士過去問より)

公認心理師国家試験対策




公認心理師国家試験対策クイズ第3弾。

今回は、精神保健福祉士国家試験の試験科目「人体の構造と機能及び疾病」の過去3年分をまとめました。
公認心理師のカリキュラムでは精神医学を含む医学的知識が重要視されています。

また、現任者講習会のテキストの目次をみると、

Ⅲ 精神医学を含む医学
1 心身機能と身体構造及び様々な疾病や傷害

という項目がありました。

出題基準、ブループリントに準じるものが公表されないことには分かりませんが、少しは参考になると思います。

ちなみに、現任者講習会テキストは既にAmazonで予約受付が開始されています。早めの購入をおススメします。

人体の構造と機能及び疾病(精神保健福祉士国家試験H26~H28過去問題)

精神保健福祉士国家試験の過去問題(H26年からH28年の3年分)のうち、「人体の構造と機能及び疾病」の部分を公認心理師国家試験の試験対策としてまとめました。 質問は毎回ランダムに表示されます。ぜひ何度もトライしてみて下さい!
スタート

お疲れ様でした!人体の構造と機能及び疾病(精神保健福祉士国家試験H26~H28過去問題)のクイズ終了しました。

解答スコアは %%SCORE%% / %%TOTAL%% 問正解です。

%%RATING%%


あなたの選択した答えは強調表示されています。
戻る
網掛け部分は完了した項目です。
12345
678910
1112131415
1617181920
21ゴール
戻る

いかがでしたか?

公認心理師の国家試験でもこんなのでるのかなぁ?という問題も中にはあったかと思いますが、発達に関する問題やDSMからの出題などは押さえておく必要があると思います。

クイズ1と2がまだの方はこちらもどうぞ!

公認心理師国家試験対策クイズ2(精神疾患とその治療:精神保健福祉士過去問より)

2017.12.29

公認心理師国家試験対策クイズ1(心理学理論と心理的支援:精神保健福祉士過去問より)

2017.12.24
[資料]

H26精神保健福祉士国家試験試験問題(人体の構造と機能及び疾病)
H26精神保健福祉士国家試験の合格基準及び正答について
H27精神保健福祉士国家試験試験問題(人体の構造と機能及び疾病)
H27精神保健福祉士国家試験の合格基準及び正答について
H28精神保健福祉士国家試験試験問題(人体の構造と機能及び疾病)
H28精神保健福祉士国家試験の合格基準及び正答について



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、gumixと申します。
更新1回経験あり(もうすぐ2回目)の臨床心理士で、第1回公認心理師国家試験を受験予定です。
公認心理師受験予定の人たちと交流、情報共有できる場所を作りたいと思いブログを始めました!
なお、私もまだ公認心理師ではありませんので、現在みなさんに何かを教えられる立場にはありません。しばしば、「対策講座はしていないのですか?」という問い合わせを受けますが、その予定はありません。
ただ、色々と企画をしたり、コーディネートするのは好きなので、勉強会や交流などは積極的にやっていけたらと思っています^^
【私の経歴】
2003年大学入学(地方私立大)、2007年卒業→2007年修士課程入学(同上、臨床心理士指定校)、2009年修了→その後3年間、大学で助手として勤務→3年目の2011年に博士課程入学(地方国立、医学系)。在学中は学振特別研究員に採用される。フィールドは、主に神経内科、精神科領域。→博士課程修了後の2015年から1年半、大学でプロジェクト雇用の研究員として勤務。
その後、今の大学に採用され現在に至ります。臨床やったり研究しています。