医療福祉領域の国家資格について-公認心理師の参考に-




医療福祉関連の他の国家資格について、少し調べてみました

他の国家資格のことをあまり知らなかったので、調べてみました。
受験申込~試験までの期間、試験地などは少し参考になるかもしれません。

精神保健福祉士

試験日

平成30年2月3日(土),2月4日(日)

受付期間

平成29年9月7日(木)から10月6日(金)

試験地

北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県

試験科目

16科目

受験手数料

17,610円

社会福祉士

試験日

平成30年2月4日(日)

受付期間

平成29年9月7日(木曜日)から10月6日(金)

試験地

北海道、青森県、岩手県、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、福岡県、熊本県、鹿児島県、沖縄県

試験科目

18科目

受験手数料

15,440円

言語聴覚士

試験日

平成30年2月17日(土)

受付期間

平成29年11月13日(月)から同年12月1日(金)

試験地

北海道、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県

試験科目

12科目

受験手数料

34,000円

作業療法士

試験日

【筆記】平成30年2月25日(日)
【口述・実技】平成30年2月26日(月)

受付期間

平成29年12月15日(金)から平成30年1月5日(金)

試験地

【筆記】北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県、沖縄県
【口述・実技】東京都

試験科目

一般問題7科目,実地問題4科目

受験手数料

10,100円



理学療法士

試験日

【筆記】平成30年2月25日(日),【口述・実技】平成30年2月26日(月)

受付期間

平成29年12月15日(金)から平成30年1月5日(金)

試験地

【筆記】北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県、沖縄県
【口述・実技】東京都

試験科目

一般問題7科目,実地問題4科目

受験手数料

10,100円

看護師

試験日

平成30年2月18日(日)

受付期間

平成29年11月17日(金)から平成29年12月8日(金)

試験地

北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

試験科目

10科目

受験手数料

5,400円

ちなみに、医師国家試験の試験地は12都道府県。

まとめ

試験日の3か月~5か月前頃から受験の申し込み受付が開始されているようです。
公認心理師の場合は、早くても心理研修センター・日精協の現任者講習が終わった頃かな?

試験地は、(今回取り上げた国家資格の中では)言語聴覚士の6都道府県が最も少なく、社会福祉士の24都道府県が最も多いようです。
公認心理師も少なくとも現任者講習が行われる都道府県は試験地になるのではないでしょうか。
北海道、東京、大阪、京都、愛知、宮城、広島、福岡??でも、社会福祉士以外、京都が試験地になっていない・・。

予想される受験者数を考えるともう少し増える気もしますが、どうでしょうね。未知ですね。
住んでいるところの近くで受験できることを願うばかりです。

受験手数料は、公認心理師は28,700円ですので、言語聴覚士より安いです!
(なので、「高い!」なんて文句はあまり言えないかなと)

早くいろんな情報が明らかになってほしいものです(^-^;

※次回はDSM-5についての記事を書こうと思います。
週末あたりかな~。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。