心理学に関する国家資格「公認心理師」誕生!




公認心理師法が2017年9月15日に施行され、長年、国家資格化が期待されていた心理学分野の国家資格「公認心理師」が誕生しました。
平成30年度中には1回目の国家試験が実施されます。

これまで、国内における心理系の資格は「臨床心理士」という民間資格が代表的でした。
その他にも、「臨床発達心理士」や「学校心理士」、「特別支援教育士」など、その領域に特化した学会認定の資格が多数存在します。

これらの資格を持ち、現在、既に心理職に就いている人の多くが公認心理師を受験すると思われますので、経過措置が認められる間は特に混乱が予想されます。

サイト管理者である私も第1回公認心理師国家試験を受験する一人です。

そこで、公認心理師国家試験に向けて調べたことなどをこの場で記していきたいと思います。
掲示板も設置しましたので、公認心理師国家試験を受験予定の皆さんと情報交換・情報共有が出来たらと思っています。

どうぞよろしくお願い致します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、gumixと申します。
更新1回経験あり(もうすぐ2回目)の臨床心理士で、第1回公認心理師国家試験を受験予定です。
公認心理師受験予定の人たちと交流、情報共有できる場所を作りたいと思いブログを始めました!
なお、私もまだ公認心理師ではありませんので、現在みなさんに何かを教えられる立場にはありません。しばしば、「対策講座はしていないのですか?」という問い合わせを受けますが、その予定はありません。
ただ、色々と企画をしたり、コーディネートするのは好きなので、勉強会や交流などは積極的にやっていけたらと思っています^^
【私の経歴】
2003年大学入学(地方私立大)、2007年卒業→2007年修士課程入学(同上、臨床心理士指定校)、2009年修了→その後3年間、大学で助手として勤務→3年目の2011年に博士課程入学(地方国立、医学系)。在学中は学振特別研究員に採用される。フィールドは、主に神経内科、精神科領域。→博士課程修了後の2015年から1年半、大学でプロジェクト雇用の研究員として勤務。
その後、今の大学に採用され現在に至ります。臨床やったり研究しています。