公認心理師現任者講習のテキスト代はいくら位か?予想してみた

現任者講習テキスト代




2017.12.28
公認心理師現任者講習会とテキストが明らかになりました。
http://kongoshuppan.co.jp/dm/1597.html

したがって、本記事は古い情報になりますので、ご注意下さい。

現任者講習のテキスト代、いくらかな~

公認心理師の現任者講習について、第1回目の受講決定通知書が発送されたようです。
振込までの時間も短いらしく、なんだかバタバタな状況です。

おまけに、テキスト代がいくらか公になっていないので不安になっている方も多いのではないでしょうか。

先日、現任者講習のテキスト代が6万とか8万とかするという噂があるけれど、流石にそれはないだろう!ということを書きました。

公認心理師関連の怪しい噂について考える

では、どれくらいになるんでしょうね・・・。

公認心理師と同様に途中で国家資格化された他の資格(精神保健福祉士、言語聴覚士)を参考に予想してみました。

あくまで予想です。ご参考までに。

精神保健福祉士の場合

受講料70,000円(テキスト代は含まない)

それではテキスト代がいくら位だったか?

精神保健福祉士の現任者講習では、各講習会共通の教材が指定され、それを各自用意して持参するという形が取られたようです。
指定された教材は以下の通りです。
現任者講習参考

1冊3,000円から4,000円くらいの「精神保健福祉士養成セミナー」のシリーズ本11冊と約7000円の「精神保健福祉士法詳解」1冊、合計で40,000円ほどでしょうか。
受講料と合わせて10万ちょい。

ちなみに、精神保健福祉士の現任者講習は11科目63時間です。

言語聴覚士の場合

受講料100,000円(テキスト代を含む)
テキスト代が含まれているので受講料は高めですが、トータルで考えると精神保健福祉士の現任者講習に要する費用とさほど変わりません。

言語聴覚士の現任者講習は21科目66時間です。



公認心理師の場合はどうなるか?

受講料70,000円(テキスト代別)

公認心理師の現任者講習受講料は精神保健福祉士の現任者講習と同じ金額。

また、精神保健福祉士、言語聴覚士の現任者講習に要する費用が10万円程度だったことを考えると、公認心理師の場合も同様の金額になるのではないでしょうか。

その場合、テキスト代は3,4万位までは許容しなければならないかもしれません

ただし、公認心理師の現任者講習は6科目30時間で精神保健福祉士や言語聴覚士の現任者講習の半分の量なので、テキストにかかる費用も半分の1,2万位かなと個人的には予想しています

まとめ

公認心理師現任者講習のテキスト代について精神保健福祉士、言語聴覚士のケースを参考に予想してみました。
実際に公表されてみないことには分かりませんが、講習を受講するかどうか迷っている方は、最大3,4万位はかかるかもしれないということを覚悟しておいた方が良いかもしれません。個人的予想は1~2万の間。

あくまで個人的な予想です!!!

【余談】
公認心理師関連のオススメ図書で取り上げていますが、「公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法」は現任者講習の内容とかなり重複しています。

公認心理師関連のオススメ図書

ひょっとすると・・・?!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、gumixと申します。
更新1回経験あり(もうすぐ2回目)の臨床心理士で、第1回公認心理師国家試験を受験予定です。
公認心理師受験予定の人たちと交流、情報共有できる場所を作りたいと思いブログを始めました!
なお、私もまだ公認心理師ではありませんので、現在みなさんに何かを教えられる立場にはありません。しばしば、「対策講座はしていないのですか?」という問い合わせを受けますが、その予定はありません。
ただ、色々と企画をしたり、コーディネートするのは好きなので、勉強会や交流などは積極的にやっていけたらと思っています^^
【私の経歴】
2003年大学入学(地方私立大)、2007年卒業→2007年修士課程入学(同上、臨床心理士指定校)、2009年修了→その後3年間、大学で助手として勤務→3年目の2011年に博士課程入学(地方国立、医学系)。在学中は学振特別研究員に採用される。フィールドは、主に神経内科、精神科領域。→博士課程修了後の2015年から1年半、大学でプロジェクト雇用の研究員として勤務。
その後、今の大学に採用され現在に至ります。臨床やったり研究しています。